<   2005年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧

 

アカイカ漁、今日も休み。

調子扱いていたパチンコで大しっぺ返しを喰らった。丁度良い、明日からは仕事モードへ。

エチゼンクラゲ入りのアイスクリームが発売されているらしい。一度食べてみたいものだ。
[PR]

by eishinmaru | 2005-10-31 15:46  

残念ーっ!

今日も休みになっちまった。また金運下がり気味だわ。

ボイラーの修理で一昨日は銭湯に行った。これが久々の快感だったので、もうボイラーは使えるのだが昨日は足を伸ばして温泉まで行った。これがまた大当たりでこの温泉にハマリそうな予感。

花・文姉妹の部屋を分離。文が1階の和室に降りた。花は文を追い出した形だが、ここ数日私らの間で寝ている。追い出したいのだが寝入ってしまっているのでズルズル甘えさせてやっている。部屋の荷物など明確に分け、各部屋の管理も含め強く言い渡した。

インターネットで花の防具を注文した。やはり写真じゃ分かりづらい、良いものが届くのを期待するのみ。
[PR]

by eishinmaru | 2005-10-30 15:47  

中学校の文化祭で

花が英語暗唱を披露する。先日学校代表として3人のメンバーに選ばれ、英語弁論大会でやったやつを校内でやる訳だ。父は見に来るなと御達しがあるので、母にビデオを撮ってもらうと言う事で話が付いた。ビデオも禁止だったのだ。先日の校内テストでも英語は50点取れなかったというヤツが何故英語弁論なんて選ばれるのか?もちろん塾に行かしている訳でもない、家で英語の教科書を読んでいるのを聞いた事も無い。超~っ、不思議っ!
[PR]

by eishinmaru | 2005-10-29 16:07  

火・水・木と

3日出たがアカイカは薄かった。でも今日は船団が散らばったせいか取れる所と取れない所の分布がそれなりに分かった。絶対数は少ない今シーズンのアカイカ漁。来週はまたどうなっているかはやってみないと分からないが、まだまだ漁が続いてくれないと困る。

明日は時化みたいだから、こども乗船は日曜日か。漁のことやこどもの安全なんかを考えるとやはり普通に漁をしている方が気が楽。まあ、主旨に賛同し引き受けました。今年2回目のこども企画、私が引き受けないで誰がする!やせ我慢?

ところが、企画の中止の連絡がありました。荒天なので明日は止め、明後日港内で鳥大の観測ボートを使ってこどもたちを乗せるらしい。漁に出れることになった。こどもたちを乗せると言う事で、赤いかで真っ黒になった船体をブラシでごしごし磨き上げた。まあこんな事が無ければブラシ掛けなんかしないもんね。
[PR]

by eishinmaru | 2005-10-28 16:06  

4列目の大沖に

弾き出されて漁が無し。しかも全体的に漁が無かったのはこれから先のアカイカ漁、心配だ!
[PR]

by eishinmaru | 2005-10-25 16:05  

食の安全推進会議(14:00~16:00)

朝いち氷を積み込み、ついでにアカイカ道具にペンキ塗り。本日のスペシャリティは「あやみぃ師匠と藤田くんのチャペルコンサート」。500円のワンコインでリッチな時間を過ごせました。ありがとう。
[PR]

by eishinmaru | 2005-10-24 16:04  

スポレク県大会(倉吉北高)

中学生部門で湖東中で構成した鳥取市が男女アベック優勝。花は決勝で相手チームのYに反則一本を含む二本負け。喜びも半減ながら、まあ良かった良かった。しかも試合会場に竹刀一式を忘れて帰るおバカぶり。
[PR]

by eishinmaru | 2005-10-23 16:03  

赤いか漁時期限定の早寝早起き。

習慣で目が覚めたのが4時。これと言った仕事があるわけではない。新しい網でも作れば良いのだが、網を作れば資材代がかかる、こんな時はじっと寝とくに限る。

5時過ぎに風が泣き出した。今秋初の本格的な季節風だ。時化明けはまた赤いかが取れますように!

昨日の行政に対する意見交換会、フリートークという形式だったので普段思っていることを伝えたが、実を言うとあまり水産行政に期待する事は無くなった。何故か?どんな手を打っても、年々漁業経営はキツクなるばかり。魚資源(特に底魚)の低下、魚価の下落、燃油を初めとする資材の高騰など儲け率は下がるばかり。漁船漁業なので元となる船に金がかかる。年数も経った船なので維持管理だけのメンテ代も年間馬鹿にならない。制度資金を使って新船を作ろうと思っても最近の水揚げ状態では返還年数を長くしてもらわないと、とてもじゃないけど利用できない。まあ、一生中古船を乗り継いでいけば良い事だと諦めている。行政関係に期待していないが、水産試験場・栽培センターの若い研究員達にはとても期待している。何故か?閉塞感漂う水産関係で彼らほど前向きでしかもいろいろためになる情報を提供しようと言うスタンスが明確なのが救いだ。壁新聞で今回はナゴウセのチューカー籠が載っていた。浜浜の元気な取り組みを知らせようと言う企画にはこちらも元気づけられる。資源回復が出来るまで替わりにこんな漁業やったらどうですかなんて具体的な案も聞けそうだ。
[PR]

by eishinmaru | 2005-10-22 16:02  

メモ

行政と漁業士会との意見交換会(栽培センター14:30)
[PR]

by eishinmaru | 2005-10-21 16:02  

今日も

沖に弾かれたのだが、運良く久々の30アップ。また明日は、金曜定休日、明後日は時化模様だからなかなか海に出れないなぁ。
[PR]

by eishinmaru | 2005-10-20 16:01