<   2010年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

ドック終了

ドック終了しました。
明日、外海で試運転。エンジンOKなら、その後引き渡しの手順。
夜明けから底引きの準備。
明日深夜0時に底引き解禁。投網!

さて、準備が間に合うんかいな???
[PR]

by eishinmaru | 2010-05-30 13:01  

「先ず隗より始めよ」

「漁業経営能力向上促進対策事業」
去年から始まった支援事業。去年から手を上げていたのだが、今月やっと全ての申請が通り、目出度く認定を受けることができました。
これは省エネ型エンジンか漁業用ソナー、カラー魚群探知機、潮流計、または漁法転換のための漁具などの購入費に公費の補助金が支援されるシステム。えいしんまるは省エネ型エンジンの導入にこの事業を使いました。今回のドックでえいしんまるはエンジン換装します。
世の中に流行っているエコカー減税みたいな感じかな。新車を買い換えれる人はラッキーみたいな、、、。

先日、境港で小型底引き網漁をやっている同い年の漁師N(年間水揚げはえいしんまるの1,5~1,8倍)がウチにやって来てため息ついていました。丁度、アタシんちと同じ構成で、子ども2人を県外の大学に出してやり、まだ1人高校生が控えている。子供が小さい時には銭は掛からないが、大きくなると大変だ。アタシらの世代が一番シンドイだろう。これは間違いないっ!
漁師Nの船のエンジンはなんと18年目で、2,3年毎に大メンテナンスをやっているそうだ。それでも海上走行速度は8ノットらしい。
アタクシもエンジンに負担掛けないように8~9ノットで走っている(普通の船で12~16ノット、速い船なら20ノット以上で)。壊さないように、壊れないように、、、、。
もっと早く走りたいが、これは我慢我慢。自分さえ我慢すれば、何とか上手く経費を使わずに漁業が維持できる。
エンジンでさえ、今回の支援事業が無いと、買い替えるなんて夢だった。ましてや、こんな状態なのでアタシらには新造船建造なんて、宝くじでも当たらない限り、夢の夢のそのまた夢の夢、、、。

下手な漁師えいしんまるでさえ、この支援事業を使えたのだから、同年代の鳥取県の漁師諸君、みんな手を上げてこの事業に乗って、漁師を継続しましょう。下手な漁師えいしんまるが先ず隗になります。

やっと補助金が、新規着業でない先行漁師に順番がまわってきたんだよ。苦労の多い御同輩漁師さん、みんなこの事業に乗りましょうよ(詳しくは漁協の担当者に)。
[PR]

by eishinmaru | 2010-05-28 09:56  

グルメでないし、泣き言ばっかな、、、

「鮮魚販売栄進丸」から「そりゃいけ栄進丸」へ本日開通いたしました。
1Q84的に言うなれば、マザさいとからドウタさいとへはいつも行けたが、その逆の道は閉ざされたままだった。むこうの世界とこちらの世界がつながった。

初めてご覧になったお客様へ。グルメでないし、泣き言ばっかなブログです。
たぶん、94%は泣き言ばかりです。

昔は子供たちの事を楽しんで書いていました。子供たちの成長を書き留めたかったのでしょう。
しかし、子供たちが成長するにしたがい、思春期・お年頃になり、暴露的なニュースなどを書くことが憚れるようになりました。本当は一番書き留めたかったことなのに。

また、以前は漁協に対する要望やら憤りも多く書きました。丁度、賀露漁協から鳥取中央漁協へ、鳥取中央漁協から鳥取県漁協へ合併・統合する時期と重なりました。
結果、合併する毎に漁協は変になりました。単協の時は黒字で事業配当金も出せていたのに、次の合併では配当金も出なくなりました。最後の合併では、漁連と統合もして大きな赤字が残るようになりました。
おバカな漁師が騙されて、大合併して、大きな負債を押し付けられた状態です。
騙し言葉は「販売力の強化」でした。浜値を下支えするような漁協の、漁協による、漁師のための「漁協販売株式会社」の立ち上げにとても期待したものでした。
まぼろしでした。
ええ、最近では漁協に対して何も云う元気もありません。

また、漁師の慎みとして大漁しても、大漁したよっ!ウン十万円ゲットしたっ!なんて、書きませんっ。本当は嬉しくて、ガッツポーズした雰囲気を書きたい気はしますが、書きませんっ。
なので、漁師生活の華やかさは一切消された、ジミで暗い内容になっています。

そうそう、写真・画像がありません。デジカメや携帯写メがある時代だのに、写真が下手なのです(高校時代、1年ほど写真部に在籍していたのに、、、)。
[PR]

by eishinmaru | 2010-05-26 20:02  

ドック

本日、ドックしました。今回はエンジンの整備やら修理やらで月末までかかる見込み。

今日新たに故障が見つかり、部品調達やら何やらで下手をすると来月に突入する最悪な事態になりつつあります。


6月に解禁になる小型底引き漁の方が稼げると見込んでの漁替えですが、鯛刺し網漁の方が最近お気に入りです。理由は何と云っても、狙い漁獲物が鯛であること。鯛はやはり鯛だ。色がきれい、身が美味い。やはりその存在感が良いね。

小型底引き漁の対象魚種のメイタガレイやモンガレイでは、価値・価格の分かる方は少ない。値段は高いのに、、、。刺身になるクチボソガレイやホンメイタガレイでさえ、おまかせセットの中央にドーンと置いても、鯛のような華やかさが無いのね。色はジミだしさ、、、。
なのに、何で漁替えするのかって理由は、小底は潮流の影響を受けないから。鯛網は凪でも潮が速くて網入れ出来ずに帰ってくる事も少なくない。小底なら、凪なら操業して、間違いなく魚を取って来れる。これが小底の強み。

小底の漁が無いならば、鯛網に再変更する可能性も無くはないが、、、、。海に出てみなければ分らねぇ。
[PR]

by eishinmaru | 2010-05-22 20:59  

近日中にドック

いよいよドックの順番が近づいてきた。

せっかくネット販売で注文が増えてきた矢先なのだが、今いただいている注文のみで鯛刺し網漁は終わりです。ありがとうございました。
ドック後には小型底引き漁バージョンを準備でき次第再開します。
底引きですからカレイ類が主となり、レンコダイやチューカー(ウマズラハギ)などのセットとなります。乞うご期待!!

自分が獲った魚にこだわったネット販売だから、シケや潮流で操業出来ない時は取れるまで1週間も10日もお客様に待っていただきました。今度は注文が増えだした頃にドックします、刺し網バージョンは終了です、来月からは底引きバージョンですって、何かお前ぇ、お客様から逃げているんかいって怒られそう。
うふっ、幻の販売サイトかもっ!!
[PR]

by eishinmaru | 2010-05-19 19:44  

NOBさん 魔法の手

Naturalレシピ NOBの厨房に感謝。

えいしんまるの魚たちが綺麗なべべ(着物)着て、写真を撮って貰っている。

刺身盛りだけでも凄いのに、その後カルパッチョにかぶと焼き、クリームパイ包みと続いている。
へぇ~、へぇ~と驚きの声が漏れてしまう。魔法の手だ!NOBさんにかかれば、大変身だ。

テーブルクロスに魚のディッシュ。グラスにお気に入りのドリンク。ゆったり落ち着いた照明に嬉しいBGM。
嫁にやった魚たち、十分に幸せだと思われます。感謝!!
[PR]

by eishinmaru | 2010-05-17 12:10  

サロンパス

今回は珍しく凪も続き、連日漁に出ている。
首、肩、腰、太もも、ふくらはぎにサロンパスだらけ、、、。サロンパス人間だ。
このサロンパスが無いと、足が攣って悲惨なことになる。あまりの痛さに飛び起き、睡眠不足状態。最悪のシナリオになります。

末娘に嫌われながらもお願いし、うつ伏せになり太ももを中心に踏んでもらう。たまにヨメさんに踏んでもらうが、娘の方が断然気持ちいい。程よい体重とたまに見せるつま先立ちのテクニック。極めればこれで食っていけるんじゃないかと云うのだが、本人はマッサージ等で身を立てるつもりはさらさら無いようだ。

娘もヨメも長時間仁王立ちするのは難しいと云う。
踏まれている方は気持ちいいのに、、、。
[PR]

by eishinmaru | 2010-05-16 16:14  

Naturalレシピ NOBの厨房

いやぁ~、ありがたいありがたいっ!あんなに綺麗に写真を撮ってもらって、しかもあんなに美味しそうに刺身盛りにしてもらって、、、。えいしんまる、大満足です!

Naturalレシピ NOBの厨房

なるほど、眼が綺麗だっ!鯛の真っ赤な体色が出るようには気を使うが、眼にはあまり注意はしなかった。こうやって見ていると本当に美しい、まるで宝石だわ。
魚を眼から、眼を中心にして撮る。今度、自分で写真撮るようなことがあれば意識してやってみよう。

大型連休が済むとセリ値が下がり出した。例年の事だが、今年は珍しく連休特需があった後だけに、この下落はなぜか空しい。
まっ、世間の人も大型連休には大変な散財をしたわけだから、連休が終われば財布の紐が閉まるわけだ。

6月からは小型底引き漁が解禁になるから、それまでに船を1週間ほどドックする予定。今はドックの順番待ち。3台あるドックの船台はフル稼働中。これも例年通り。
[PR]

by eishinmaru | 2010-05-11 17:16  

長蛇の列

大型連休に突入。
お昼時、地元の海鮮料理屋はどこもかしこも長蛇の列が見えた。これって、珍しいっ!知らないうちに、ここ賀露が観光スポットになったのかなぁ。とりあえず、かろいちへみたいな、、、。

お陰で、祭り明けの相場は超高値。いつもこうだと漁師は儲かるのになぁ。
来年の祭り明けは根性を入れて、漁に出るぞ!
そう、昨日は途中でヘタレてしまい、早終い。来年のために、今日の高値を書き記しておこう。
[PR]

by eishinmaru | 2010-05-02 17:54