<   2011年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

 

さあ、出漁っ!

台風での長休み、そして凪になった昨日は金曜定休日。
元々、休むことも好きなので、結構まったりと過ごせた。
本を読んだり、韓ドラ観たり、、、。


2時間後に出漁っ、久々だからちょっと楽しみ。
[PR]

by eishinmaru | 2011-07-23 10:36  

赤いか長期漁獲予報

今シーズンの赤いかの漁獲長期予報が但馬水産技術センターから発表になった。
そろそろ予報が出るころだと、HPを毎日チェックしていた。
欲しい情報を但馬水技センターから得ている。鳥取県水産試験場は漁獲につながる情報発信がイマイチかな。
但馬水技センター、鯛網をやっている時は毎週潮流予報をチェック。赤いかの漁獲量も毎週発表になる。但馬で漁獲が揚がってから、さあ、赤いか漁に出ようかってな感じ。

今年の予報は最悪。
去年でさえ漁獲は少なかったのに、下手すりゃ今年は去年の半分!?
秋は赤いか漁で食っていたのに、こりゃあ、底引き網漁で引っ張れるだけ引っ張らないとヤバイなぁ。

あかいか、幻の魚になるかも、、、。
[PR]

by eishinmaru | 2011-07-19 13:47  

台風休み

台風の影響で休みに入った。

東京への夜行バスは快適だった。行きも帰りも良く寝れた。
普段、暑い・狭いブリッジ(操舵室)の中にいるので、夜行バスのリクライニングシートは贅沢でしょう。
電車のエアコンも涼しかった、これで東京、節電?と聞きたくなるぐらい。

帰ったその日に、昼過ぎから出漁した。
鳥取は暑かった。37度!暑いはずだ。


先月、初めてJ2・鳥取ガイナーレのホーム試合を観た。0-1で負けたが、なんかショボイ試合だった。
その時、なでしこジャパンとガイナーレがもし試合をすれば勝つのはどっち?と思ったが、応援したいのは間違いなく、なでしこの方やね。
オジサンは娘たちが頑張る姿だけで、もううるうるだ。
[PR]

by eishinmaru | 2011-07-19 08:16  

弾丸ツアー

3日連続の底引き漁操業、まずまずだったが、段々と魚が少なくなりました。
同じ所を何日も操業したら、仕方ないですね。
更地へ更地へと探索しながら漁場を変えていきます。


今夜、夜行バスで東京へ。明日、夜行バスで鳥取へ。若くないのに弾丸ツアー。
「全日本都道府県対抗女子剣道優勝大会」
娘の応援は口実で、剣道の全国大会が観たかったのが本音。

これを見たいがために、暑い中、前向きに操業出来たのだから、娘には感謝!!
[PR]

by eishinmaru | 2011-07-15 19:21  

「もったいない魚事業」

底引き網漁、まあまあ好調。
この好調の支えになっているのが、「もったいない魚事業」。
今まで二束三文だったカナガシラやかすべを、漁協の営業部が水福(水産・福祉)連携で進めている事業。現在は始まったばかりで箱数制限はあるが、燃油代の足しには十分なっている。
漁師にとって、とってもありがたい。
漁協合併後の初ホームランでしょう!

暑くても、頑張れるっ!
[PR]

by eishinmaru | 2011-07-13 13:01  

アンコウ

灘筋のレンコダイ・チューカーから沖筋のモンガレイにシフト替えです。
アンコウも今が取れ時、いつまでアンコウの漁が続くか分かりませんけど、、、。

今年は沖筋の下場が良いので、ちょっと楽な気がします。
、、と言っても、流石に深い所なのでリールがメゲやしないかと毎回ひやひやです。

今日の休みはありがたい。また、明日から頑張るべぇ!
[PR]

by eishinmaru | 2011-07-11 18:51  

居眠り操業

暑い日が続きます。ブリッジ(船室)の中も茹だる暑さです。

底引き網漁のエエところは、曳網中は居眠りタラタラでも魚が網に入ってくれるところ。
パイロット(自動操舵)にして、速度と水深と他船との間隔を注意しながら、うとうと居眠り。
この暑さの中、如何に体力を温存するか。
曳網中は居眠りしているぐらいが、ちょうど良いかも!
もちろん、走っている時は絶対に居眠りしてはいけません。
他船の迷惑にならないように、ちょっと人から離れた所で操業するのが好きです。

ところが、無線の声で度々、目が覚めますっ!
「お願い、喋らないでぇ~」と懇願したくなります。
[PR]

by eishinmaru | 2011-07-11 08:36  

只今、出漁前!

暑い!暑い!
嫌だなぁ~、こんな日に働くのは、、、。
[PR]

by eishinmaru | 2011-07-09 12:08  

たぶん、50kgオーバー

それはそれは大きな赤エイでした。
曳網中に速度が落ちてきたので、こりゃヤバイと揚げた網に大きなエイが入っていました。
これが入ったら、そりゃ重くなるわな。
昔(10年以上前)、このサイズのエイが入り、船上でバタバタやっていた。運悪く(不注意にも)尾びれの長い棘に長靴の上から刺され、大量の血(アタクシの)出た。もう操業どころではなく、急いで救急に駆け込んだ思い出がある。
今回のエイはその尾びれの棘から下の尻尾がなかったので、エイを傍らに置きながら安心して洋上作業が出来たのはラッキーだった。
何故、尾びれの棘が無かったのか?エイに聞かねば分らないが、それまでのファイトで何者かに食い千切られたのだろうか?

なにぶん、余りにも大きくて生簀に入らないので、そのまま投げっぱなし。
角氷は持っていたが、砕氷はなく、氷もかけていない状態。結構長く生きていたみたいだが、帰港時にはさすがに独特の臭い。

試しに売ってみた。500円っ!
(鮮度が良ければ5000円ぐらいになったかなぁと期待はしたのだが、、、。)
[PR]

by eishinmaru | 2011-07-08 08:08  

底引き漁模様

出漁チャンスが6日で、その内3日の出漁。まあ、平均的、こんなもんでしょう!
漁は丁度メイタガレイからモンガレイへの過渡期で、今年はそれなりに漁はある方だと思う。

初日から船の備品を海中へレッコー(let it go?)したり、リールのブレーキベルトが破損したり、バッテリーがもう寿命で巻き上げ中に暗くなったり、、、。
トラブル、アクシデントあっても、無事帰港すれば良しっ!

砂やごみで重くなって曳網速度が下がるの注意して、寝ずに朝まで当直ってな感じ。
昼過ぎに出漁して翌朝の荷揚げまで、時間が長いせいか、漁が休みになっても身体には結構堪えている。
鯛網だと、晩飯を食べてからゆっくり出漁。まあ、底引き網・鯛網、それぞれ一長一短。
[PR]

by eishinmaru | 2011-07-07 22:03